私のツインレイ・ツインソウルのおはなし
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインのあなたを愛してる

サイレント期間中です

遠くから見守る

もう、私は彼のそばにいたらダメなんだな…
という気づきがあって、私から連絡手段の全てを断ちました。

形としては、私がランナーのように見えますが、結局のところ、彼がランナーで私がチェイサーなんです。

前回の記事にも書きましたが、彼にしがみつき、ずっと自分のそばに引き止めていたのは私です。
彼に執着していたんです。


「執着を手放す」
という言葉は、ツインレイ・ツインソウルで悩んでる方なら、すぐにピンと来ますよね?

今回、私はこういった形で、彼への執着を手放したのかもしれません。



彼が思い切って流れを変えたのだから、私もその流れに乗っかってみようと思いました。

彼が今、どこで、何をしているかわからないけれど、彼が存分に力を発揮して、どんどんやりたい事にチャレンジして、充実した生活を送ってくれたら嬉しいなと思います。


好きな男性を支えたい!そばで応援したい!というのが本音ですが、遠くから彼の成功を祈ることも出来ます!
それも“愛”だと思います。


こうなったら、私もやるしかない!
彼に負けてはいられません。
せっかく自由な時間が出来たんだから、やりたかった事、好きな事をやってみよう。
いつまた彼と再会するかわからないので、それまでに自分磨きをして、あっと驚かせてやろう!
現在はそんな心境です。

広告を非表示にする