私のツインレイ・ツインソウルのおはなし
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインのあなたを愛してる

サイレント期間中です

等身大のあなたでいて欲しい

これがツインの彼に対する私の気持ちです。


彼の価値観が嫌なのは、その価値観が等身大の彼を潰しているからです。

それに気付かない、気付こうとしない彼が嫌です。



彼は等身大の自分を隠すために、ずっと仮面を付けて生きてきました。

私はすぐに仮面の存在に気付き、彼の準備が整っていないにも関わらず、その仮面を剥がしてしまったんです。


彼の本質を知った時、私はとても温かい気持ちになりました。

彼の本質はとても魅力的で素敵でした。

春の陽だまりのように、ポカポカあったかい穏やかな人です。


こんなに素敵な人なのに、彼はなぜ自分の本質を受け入れることが出来ないの。

なぜそんなに強くなりたいの?

何と戦ってるの?

何が欲しいの?


あなたの欲しいものは、等身大のあなたでも手に入る。

むしろ、本当のあなたでないと手に入らない。

私はそう思うのに。



でも、あなたは仮面にすがってる。
仮面を本当の自分だと思い込んでいる。


ずっと仮面を付けてきたから、仮面が居心地いいのはよくわかるけど…

あなたの本質を、あなたが認めないままでいいの?




等身大のあなたの方がずっと素敵だよ。

いつか、気付いて欲しい。