私のツインレイ・ツインソウルのおはなし
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してるけど、さようなら

サイレント期間中です

2年前

2年前の今頃、私たちは何してたんだろう?
ふと思った。


そういえば旅行に行った。
あそこにも出かけたな。
あ、一緒にお花見もしたんだっけ。
これから毎年お花見に行こうね。
そう約束した。
でも、それが最初で最後のお花見になった。


今思うと、無意識で離れ離れになるのがわかっていたんだと思う。
だから、会える時はなるべく会って、たくさんの思い出を作ったのかもしれない。


あの頃は幸せと不安が同居していた。
この上ない幸せを感じているのに、いつもどこか不安だった。
彼が「俺たちはずっと一緒だよ」と言ってくれても、その言葉を信じられないのではなくて、なぜか一緒にいられるのは今しかないと思ってた。
ずっと一緒にいたかったのに。。。



じゃあ今も2年前のように彼と付き合ってたら?
ー全く成長しなかったと思う。


私たちはお互い大好きで仕方なかったから、一緒にいるとふたりだけの甘い世界になっていた。
今までにこんなに濃い恋愛をしたことはなかった。なんていうか、悪い言い方するとお互いダメになる恋愛。
好きな気持ちが強すぎて、引き合う力が強すぎて、周囲が見えなくなる。相手も自分も見えなくなる。
だから引き離されたんだよね。そりゃ当然だなと思う。



突然ですが、ここで私たちのレッスンをおさらいしてみます。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

ツインの関係は恋愛ではないと言われています。
だから恋に落ちてしまうと、本来の使命を思い出させるために、本人たちの意思とは無関係に引き離されます。
今度はランナーとチェイサーという関係になり、会えない間はお互いがエゴや執着、恐れなどを手放さなくてはなりません。
溢れ出るマイナス感情やダークサイドの自分ととことん向き合い、浄化させるための苦しい修行期間です。
しかしその辛い修行が終わると、一皮も二皮も自分に成長しています。
目の前にはスッキリ拓けた世界が広がり、今まで以上に周囲とうまくやれる自分に変わります。自信がつき、与えられた仕事をサクサクこなせるようになります。
お互いそのレベルに到達すれば、再会することになります。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

再会はしたけど、また元の生活(サイレント)に戻ったけどね。
まだ修行が足りないと感じたからなんだろうな。


最近、彼のことを思い出す時間がかなり減ったけど、思い出すと一気に長文を書いてしまいます。
やっぱり彼のこと大好きなんだよなぁ〜。


教科書には再会後は統合の流れになっていくんだけど、そもそも統合ってなんだろうね。

統合のカタチは人それぞれですよね。
ストレートに結婚する方もいれば、ビジネスパートナーになる方もいれば、3次元では会わずに結魂という場合もあるみたいで。

正直どれもピンとこない。
でも、一緒に生活はしてみたい。


私たちは一体どこに向かうんでしょう。
すべて天に委ねて様子を見ます。

広告を非表示にする